Top > 大学院進学に向けて > 学歴ロンダリング

学歴ロンダリング

週刊ダイヤモンド(2010年9月18日号)で、学歴ロンダリングが大きく取り上げられていました。


もとになったこの本も有名です。
学歴ロンダリング
難関大学の大学院が志願者不足で簡単には入れることを利用して、最終学歴をロンダリングしてしまおうという記事です。
東大卒の肩書きで人生バラ色の実例が詳しく書かれています。
学歴コンプレックスに悩んでいた人が、東大卒の肩書きを手に入れて、就職などでおいしい思いをするというものです。
昨今の就職状況を考えると、最初は学歴で判断される場合も多いようです。東大卒を足きりする企業は少ないでしょうから もっともなことかもしれません。

大学の定員を充足させるために、大学院の入試を簡易化する大学の問題もあると思いますが、 学歴ロンダリングをして東大卒の肩書きを手に入れるために、彼らが2年の歳月と、数百万の学費を出したのも事実。

学歴コンプレックスを解消して、就職がうまくいったのなら、結果的にはよしということでしょうか。
就職については、企業の中では学歴ロンダリングなんてもう何年も前からわかっていることです。
大学院で判断することはありませんし、大学、そしてきちんと高校をみます。
あー、学歴ロンダだな、と人事は笑っていることでしょう。
ただし、学歴ロンダリングをして、自分の考え方や生き方が変わったのなら話は別です。
最終的には学歴ではなく、人物で判断します。
前向きに考え、自分の人生を自ら切り開いていく人は企業にとっても、日常の生活でも、恋愛でも 求められるはずです。


社会人が大学院に行く場合、いろんな観点から検討すべきですので、読んでおくと参考になると思います。
最近はこんな本も出ているようです。目的と手段を間違えないように、あくまで参考です。
「学歴ロンダリング」実践マニュアル―最短で憧れの学歴を手に入れる方法
カテゴリー



大学関連ニュース