Top > 社会人博士への長い道のり > 決断する

決断する

・決断する

忙しいサラリーマンが、大学院に行くのに何が必要でしょうか?
お金、知識、経験、時間、会社の協力、家族の理解、、、、
まあ、いくらでも出てくるでしょう。

でも、一番大事なものは


















それは、情熱です。熱意です。
お金、知識、経験、時間、会社の協力、家族の理解・・・
そんなのよりもやる気です。

博士課程を目指す人が、気合論と笑われるかもしれませんが、
やはり本人の行動力が決め手です。

まずは、自分で行きたいと決めること。
決断することです。

「決断する」とはどういう意味でしょうか?
英語の「decision」は、ラテン語の「~から」を意味する「de」と、「切断する」を意味する「caedere」

からできた言葉で、「他の可能性を切り捨てる」という意味です。

「決断する」とは、「大学院にいけたらいいなー」という意味ではなく、「目標を達成することに全力を注

ぎ、それ以外の可能性をすべて切り捨てること」を意味します。
文言通り取る必要はないですが、大学院に行く、と固く決意した時点で勝負はついています。

目標の明確さが、ゴールへの原動力です。

時間やお金をかけても大学院にいきたいか?
心の素直な声を聞いてみましょう。

それでもいきたいなら、是非一歩前に進みましょう。相談事はQ&Aのコーナーからいつでもどうぞ。
頑張る人を応援します。
カテゴリー



大学関連ニュース