トップ > サラリーマンがなぜ大学院か?

サラリーマンがなぜ大学院か?一覧

学歴ロンダリング

週刊ダイヤモンド(2010年9月18日号)で、学歴ロンダリングが大きく取り上げられていました。 もとになったこの本も有名です。 学歴ロンダリング 難関大学の大学院が志願者不足で簡単には入れることを利用して、最終学歴をロンダリングしてしまおうという記事です。 東大卒の肩書きで人生バラ色の実例が詳しく

学歴ロンダリングの続きを読む>

なぜ博士をめざすのか

サラリーマンで働いていて、なぜわざわざ貴重なお金と時間を費やして大学院に行って博士号を取るのでしょうか? その目的は人それぞれあると思います。 学問を究めたい、さらなるキャリアアップのため、自己実現のため、技術・ものづくりの成果を世の中にアピールしたい、社会貢献したい、名刺に書きたい、えらくなりたい

なぜ博士をめざすのかの続きを読む>

学位取得の7つのメリット

博士(工学)の学位に対する理系サラリーマンのイメージは、「足の裏のご飯粒」。 「(学位は)取っても喰えない。」 ・・・うまい表現ですよね。 博士(工学)の取得者数は、毎年約3000人程度。 医師国家試験の合格者が毎年8000人程度なので、博士(工学)の学位を持つものは、医師よりも希少な存在と数字的

学位取得の7つのメリットの続きを読む>

ぶらさがリーマンからプロフェッショナルへ

ぶらさがリーマンでいいのだろうか? 会社に頼る、依存する時代ではありません。ぶらさがっているだけで給料がもらえ、家族を含めて安心な老後を保証してもらえる時代は終わっています。日本を代表する経営コンサルタントの大前研一さんは、サラリーマン向けにも多くのすばらしい著書を書かれています。私もそのほとんどに

ぶらさがリーマンからプロフェッショナルへの続きを読む>

このページのトップへ↑

カテゴリー



大学関連ニュース